トレーラーハウスに住むには何が必要?メリット・デメリットも紹介!

トレーラーハウスに住むには何が必要?メリット・デメリットも紹介!

はっしー
ガレージライフ運営者の「はっしー」です。週末は「八ヶ岳」でドライブを楽しんでます。思い切ってガレージハウスを建てることにしました。八ヶ岳・小淵沢の魅力や楽しみ方を発信します。
古い洋画などでよく目にするトレーラーハウス。とても魅力的な外見から1度は住んでみたいと思った方もいると思います。

では実際にトレーラーハウスに住むには、「何が必要なのか」、「間取りはどんな感じなのか」、また「トレーラーの中ではどんな暮らし方をしているのか」など疑問に持つ方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、それらの疑問にお答えし、住む前に知っておきたいメリット・デメリットについても詳しく解説していきます!

是非最後までご覧ください。

トレーラーハウスとは

「トレーラーハウス」と聞くと、「住む場所に縛られず、自由に好きな所に移動しながら暮らせる」とイメージする方が多いと思います。

そもそもトレーラーハウスとは車なのか建築物なのか、一体どういったものなのでしょうか?ここではまず初めにトレーラーハウスの定義について説明していきます。

【トレーラーハウスの定義】

  1. 道路運送車両法で定められた自動車であること
  2. 土地側のライフラインとトレーラーハウス側の接続構造が工具を使用しない方式であること
  3. 随時かつ任意に移動できる状態で設置し、かつその状態を維持すること

出展:トレーラーハウスの定義

この定義を分かりやすいように要約すると

  • 公道を走ることが可能。あくまで車両扱いなもの。
  • 電気・ガス・水道の取り付けが簡単に行える
  • 常に移動できる状態を維持している

ということです。

画像引用元:たびらい
ちなみにアメリカでは80年以上もの歴史があり、トレーラーハウス専用の町(集落)などもあります。

キャンピングカーとの違い

トレーラーハウスをイメージすると、住む場所に縛られず、移動が可能という点でトレーラーハウスとよく似たキャンピングカーが思い浮かぶと思います。

しかし、トレーラーハウスとキャンピングカーとでは根本的な違いがあります。その違いというのが、キャンピングカーは車です。車の中にベットやキッチンさらにトイレなどがついたエンジンが付いた公道を走れる乗り物(車)です。

一方トレーラーハウスは、タイヤの付いた板の上に家が乗っかっている車両である工作物です。エンジンなどは付いておらず、移動する際には専用の車を使い、牽引する必要があります。また電気・ガス・水道などのライフラインを外部から供給することことも可能です。

キャンピングカーは短期の生活を目的としたもので、トレーラーハウスは長期滞在を目的としているという違いがあります。

トレーラーハウスに住むために必要なもの

トレーラーハウスの定義をもう1度おさらいして、トレーラーハウスに住むために必要なものをご紹介します。

【トレーラーハウスの定義】

  • 公道を走ることが可能。車両を利用した工作物=住める車
  • 電気・ガス・水道の取り付けが簡単に行える
  • 常に移動できる状態を維持している

ブレーキ・ブレーキライト

トレーラーハウスは公道を走行できる車両を利用した工作物でしたね。では、車両を利用した工作物が公道を走行するために必要なものにはどのようなものがあるのかというと、ブレーキとブレーキライトがあります。

ブレーキには、トレーラー自らブレーキを働かせる「機械式慣性ブレーキ」と牽引車のブレーキ反応を伝える「電気ブレーキ」の2種類があり、どちらも必須です。

また、後続車にブレーキのタイミングを知らせるためにブレーキライトも公道を走行する際に必要な設備の1つです。

電気・ガス・水道などの着脱構造

電気・ガス・水道などのライフラインも一般的な建築物と同様に供給が可能です。(ガスはプロパンガスになります)どのライフラインも工具を使わずに手動で着脱するためのアタッチメントが必要になり、必要なときにはすぐに外して家ごと移動できるようになっています。このライフラインの着脱構造もトレーラーハウスに必要な設備の1つです。

ナンバープレート

公道を自由に走るためには、ナンバープレートの交付が必要になります。ナンバープレートを交付してもらうためには車検を受ける必要があり、正しい手順を踏むと仮ナンバーを取り公道を走れます。また、定期的にメンテナンスをして車検への対策をとっておくことも大切です。

トレーラーハウスに住むメリット!

では次に、トレーラーハウスに住んだ際に得られる「4つのメリット」について詳しく解説していきます。

 ①住む場所に縛られない!

みなさんは「市街化調節区域」という言葉を聞いたことがあるかと思います。市街化調整区域とは、市街地の拡大を防ぐために開発を制限されている地域のことで

  • 建物の建築が制限される
  • 建て替え・増改築・リノベーションの場合にも開発許可を受けなければならない
  • 基本的に農業や林業をする地域

といった地域のことです

トレーラーハウスはそのような市街化調整区域にも設置が可能なので、住む場所に縛られたくない・のんびりとした環境で静かに暮らしたいという方には特におすすめです。

②自由に移動ができる!

土地を購入し家を建てた場合だと、移動はなかなか困難になります。しかも取り壊して更地に戻すともなればかなりの金額がかかってしまいます。その点トレーラーハウスだと自由に移動もできるので、土地を更地に戻すのに費用も掛かりません。

必要な時にのみ使い、不要になったら売却することも比較的容易です。

戸建ての場合は「立地の条件+物件の条件」が合わないと売却できないのですが、トレーラーハウスの場合は、欲しい人の置きたい場所に運べば解決できます。

戸建てと違い、家ごと移動できるのはかなりの強みです。また地震などの災害に強いという特徴もあります。

③固定資産税がかからない!

何度も言いますが、トレーラーハウスは建築物ではなく「車両を利用した工作物=住める車」という扱いなので、固定資産税・不動産取得税の対象外です。

では固定資産税がかからないことによってどれほど支払う税金が少なくなるのでしょうか?簡単にご説明していきます。

固定資産税とは「土地や家屋に課せられる地方税」つまり不動産などの固定資産に課せられる税金のことです。住宅や住宅用地に限らず、商業利用している建物や田畑も固定資産税の対象になります。

地域や建物の設備・土地の価格などによって固定資産税の額は毎年変動しますが、戸建ての固定資産税の平均は10~12万円(年)です。マンションの場合だと平均8~10万円です。戸建ての場合は土地の価格が加わるため高額になる傾向にあります。

つまり、トレーラーハウスだと毎年10万円程度の税金の節約になるということです。仮に10年間トレーラーハウスに住むとすると「約100万円」の節約になります。
※トレーラーハウスの固定資産税の扱いは各自治体によって異なるので、事前にチェックしておく必要があります。

車両として登録するための基準

トレーラーハウスでは、車両登録はとても重要なことです。そのため最後にトレーラーハウスを”建築物”ではなく”車両”として登録するための条件をまとめておきます。

【車両登録”OK”な場合】

  • 移動させるときに階段やベランダが邪魔にならず、移動の支障になっていない
  • 電気・ガス・水道などを特殊な道具を使わずに取り外しが可能
  • タイヤが付いていて、走行ができる
  • 設置場所から公道まで通れる道が確保できている(幅約4m程度)

トレーラーハウスに住むデメリット!

トレーラーハウスにはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。購入後に後悔しないために、トレーラーハウスのデメリットについてもしっかりと説明しておきます。

①一般的な家より入口が高くなる

トレーラーハウスは常にタイヤが取り付けられている状態なので、一般的な家と比べると入口が高くなり、階段やウッドデッキは必須になります。

また、いつでもトレーラーハウスを動かせる状態にしておかないといけないので、独立した、動かせる階段やウッドデッキが必要ということです。さらに床下の隙間を風が通り抜けるので、冬場には床が冷えます。室内の床部分の防寒対策も重要になります。

当然、車両として登録するので、トレーラーハウスを二階建てにしたり、上にもう一つトレーラーハウスを重ねたりすることはできません。あくまでも車両として動かせるということがトレーラーハウスの条件です。

②運搬費、設置費が高額

トレーラーハウスの運搬には高度な技術が必要で、車のように自分で目的地まで運転していくのではなく、運搬のプロにお願いすることになります。また設置する場所の土が柔らかい場合だと、重機を使い土地を慣らしておく必要もあります。

さらに搬入時の際にトレーラーハウスを持ち上げるために、フォークリフトやクレーンを使う場合もあります。

また大きなサイズのトレーラーハウスの場合には「特殊車両通行許可(4万~)」「基準緩和認定書(3万~20万)」などの申請が必要になり、移動距離によっても料金がかかってきます。

1回の運搬で平均30万円以上はかかるといわれています。

トレーラーハウスに住むための業者選び

価格面はもちろんアフターサービスや保証など業者や購入店によってさまざまです。トレーラーハウスの購入を考えている方に向けて、失敗しない業者の選び方をいくつか紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

設計の自由度は高いか?

トレーラーハウスは車両とはいえ、住居には変わりありません。つまり注文住宅のように0から自由に設計が可能です。あなたのイメージや要望をしっかりと実現してくれるフルオーダーのトレーラーハウス製作が可能な業者を選びましょう。

またウッドデッキや階段・ベランダなどの外構の施工や内装のデザイン・土地探しなど対応範囲が広い業者だとさらに安心です。

法令違反していないか?

上記でも説明したように、トレーラーハウスというのは車両なので、ライフライン(電気・ガス・水道)やウッドデッキ・階段などは簡単に取り外せるものが条件でトレーラーハウスに完全に固定してしまうことはできません。

といった基本的なものはもちろん、それ以外にも設置場所を管轄している建築行政によって設置基準や内容が変わってきます。もし違反した場合だと、違法建築物となり3年以下の懲役又は300万円以下の罰金の罰則になります。

事前に設置する管轄の建築行政にトレーラーハウス設置の相談をしてくれる・書類提出を代理でしてくれる業者を選びましょう。

実績は多いのか?

どのような業種でもそうなのですが、実績・経験が多いとサービスや品質力がどんどん向上していきます。トレーラーハウスでも設置実績が多い業者の方が有能だということです。

定期的なメンテナンスや修理などアフターフォローをしっかり行っているかも重要になります。購入後のトラブルを防ぐためにもしっかりとチェックしておきましょう。

間取り・価格について

どのような間取りのトレーラーハウスがあるのか、いくつか間取りの例を紹介したいと思います。また、同時に平均的な価格についても載せておきます。

【例:1】
約799万円

画像引用元:パークホームズ群馬店

【例:2】
398~598万円

画像引用元:パークホームズ大分

一般的な戸建ての住宅よりは狭いですが、自分にとって不要なものは省き、必要なものだけを揃えて普通に生活するのには申し分ない広さと、快適性があると思います。

住宅平均購入価格(新築)の場合だと、土地付きの注文住宅で約4000万円。建売住宅だと約3300万円が相場となっています。しかしトレーラーハウスの場合だと数百万円で購入可能になっています。

トレーラーハウスの活用法

住宅としてはもちろん。別荘・賃貸住宅・宿泊施設・事務所などさまざまな使い方ができます。特に店舗として使っている方が多く、具体的には美容室・エステ・ペットショップ・カフェ・託児所・保育園・薬局…など。

子供の部屋として使われている方もいました。必要な時に使用し、子供が独立して不要になった場合には売却・移動が比較的容易なので、建築物として建物を建てるよりも柔軟に活用できます。

まとめ:トレーラーハウスに住むという選択

今回はトレーラーハウスについて詳しく紹介していきました。戸建て住宅と比べるとトレーラーハウスにはメリットがたくさんありました。今回のメリットをまとめると次の通りです。

【メリット】

  • 戸建てを買うよりも安い
  • 家が建たない場所にも置ける
  • 移動できる
  • 売却しやすい
  • 税金が安い
  • 災害に強い

これからの住居の事を考えている方は、トレーラーハウスを選択肢に加える価値は十分にあります。

セカンドハウス・別荘カテゴリの最新記事