タイニーハウスを建てる際に注意したいデメリットは?タイニーハウスの種類も紹介

タイニーハウスを建てる際に注意したいデメリットは?タイニーハウスの種類も紹介

はっしー
ガレージライフ運営者の「はっしー」です。週末は「八ヶ岳」でドライブを楽しんでます。思い切ってガレージハウスを建てることにしました。八ヶ岳・小淵沢の魅力や楽しみ方を発信します。

近年、「シンプルに豊かに暮らしたい」というブームからタイニーハウスに注目が集まっています。

もちろんタイニーハウスにはメリット・デメリットがあります。

そこで今回は、実際にあなたがタイニーハウスを利用するとなった際に押さえておきたいデメリットを中心に、そもそもタイニーハウスとは一体どういうものなのかについて解説していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

タイニーハウスの種類を紹介


まずはじめに、ここではタイニーハウスの種類についてお話ししていきます。

タイニーハウスと一口に言っても、以下の4種類に分類することが出来ます。

  1. スモールハウス
  2. コンテナハウス
  3. トレーラーハウス
  4. キャピングカー

そして、それぞれのタイニーハウスの種類によって特徴や利便性なども大きく異なってきます。

それでは、1種類ずつ見ていきましょう。

①スモールハウス


まず1つ目に紹介するのは、スモールハウスです。スモールハウスはタイニーハウスの中でも最も基本的な住宅タイプの一つです。

名前の通り、極小間取りであるという点が特徴の1つで、通常の物件の間取りと同じ土台を作り、その上に極小間取りの家を建築する形で出来ています。

サーフィンやキャンプなどアウトドアの拠点としたり、個人でカフェを経営するために、スモールハウスを建てる方が多いです。

趣味を存分に活かすことができる場所と言い換えられそうですね。

その一方で、スモールハウスでは、必要最低限の生活インフラを備えたモデルが多いため、本格的な居住スペースとしては活用しにくいというデメリットもあります。

②コンテナハウス

続いて2つ目は、コンテナハウスです。コンテナハウスの最大のメリットは、他のタイニーハウスと比べてコストがお得であるという点です。

コンテナハウスの相場などはこちらの記事で解説しているので、興味がある方はご覧くださいね。

スモールハウスと比べてカスタマイズしやすく、様々な用途で活躍するという点もコンテナハウスならではの特徴です。

具体的な使用例はこちらの記事で解説しています。

自分好みの理想の住宅を作りたい方や、できるだけ予算を抑えてタイニーハウスを建てたいと考えている方にピッタリです。

③トレーラーハウス


画像引用元:エアストリーム
3つ目は、トレーラーハウスです。トレーラーハウスは、車で牽引可能な家を指します。シャーシと呼ばれるタイヤのついた土台の上に居住可能なスペースが乗り掛かっている作りです。

トレーラーハウスは車両扱いとなるため、固定資産税がかかりません。

そんなトレーラーハウスの魅力は、移動や運搬費はかかりますが、住む場所を移動できるということでしょう。

土地に縛られないライフスタイルはとても魅力的ですよね。

先に紹介したタイニーハウスと比較するとカスタマイズ性に欠けるところはありますが、それでもいろいろな用途で利用することが出来ます。

こちらの記事でトレーラーハウスの使用例について解説しています。

④キャンピングカー

そして4つ目は、キャンピングカーです。おそらくこれまでに紹介したタイニーハウスの中でも、キャンピングカーは一番イメージしやすいのではないでしょうか。

キャンピングカーにはシャワーやトイレなどの設備も完備されているものが多く、かつすぐに移動ができるためアウトドアが好きな人にとてもおすすめです。

キャンピングカーには大きく分けて、以下の6つの種類があります。

  1. バンコン
  2. キャブコン
  3. フルコン
  4. 軽キャンバー
  5. バスコン
  6. トレーラー

それぞれの車種やスペックによって異なりますが、200万円台〜1000万円ほどが多いので、新築を建てるよりはお得になる場合もあるでしょう。

以下の記事で種類ごとにおすすめのキャンピングカーを紹介しています。

タイニーハウスを利用する際に押さえておきたいデメリットは?


次に、タイニーハウスを利用する際に押さえておきたいデメリットについてお話ししていきます。

先ほど紹介したように、タイニーハウスにはたくさんの種類があります。その中であなたがタイニーハウス選びに失敗しないために、ここでは最低限デメリットになるであろう項目を9つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

①インフラが貧弱になる場合がある


まず1つ目のデメリットはインフラが貧弱になる場合がある点です。

タイニーハウスでは設備や快適性と引き換えにコストダウンすることがあります。そうした際はガス・水道・電気などの生活インフラが貧弱になってしまうこともあります。

特にトレイやシャワーなどを設置できない場合が多いです。

居住空間としてタイニーハウスを利用する場合は、最低限のインフラは必ず完備するようにしましょう。

②運送費・設置費用が負担


2つ目は運送費や設置費用がかさむことです。

タイニーハウスの一つであるトレーラーハウスは特殊な車両であるため、牽引に特別な免許・許可が必要なうえ、場所によっては重機を使用する必要等もあるため、かなりの費用がかかってしまいます。

費用はまちまちですが、およそ50万円~100万円程かかります。

運搬費だけでなく、設置の際にも費用がかかります。

これはタイニーハウス設置の際に重機を使う場合、地盤の整備が必要となるためです。これは土地の状況によって費用が異なってきます。

設置前にどれくらいの費用がかかりそうかきちんと見積もりを出しておきましょう。

③住民票の取得が難しい


タイニーハウスを本居地として住民票を取得するのは、条件や自治体によって異なりますが、比較的ハードルは高いです。

トレーラーハウスの場合は、「永久的な住宅にタイヤが付いている必要はない」という解釈から永住する住宅とは認められないこともあります。しかし自治体によっては取得出来ることもありますので、自治体やトレーラーハウス会社に相談してみることをおすすめします。

④家族構成に応じた増築が必要になる


4つ目は、家族構成に応じた増築が必要になるということです。基本的にタイニーハウスはワンルームの平家となっています。そのためタイニーハウスで快適に過ごすことができる人数は、平均して2人から3人になります。

しかし家族構成などから1つのタイニーハウスに多くの人数が過ごすことになる場合、増築する必要が出てくるのです。

これに関してはあらかじめ余裕を持った大きさで建てておくという方法もありますが、そのようにするとそれなりの費用もかかってしまいます。

将来のライフプランをきちんと想定した上で、タイニーハウスを選ぶようにしましょう。

⑤収納スペースが狭い

そして5つ目は、収納スペースが狭いということです。これは今お話ししたように、タイニーハウスは基本的にワンルームの平家が多いことが大きな要因です。

最低限の持ち物で過ごすことはもちろんですが、1つで2役をこなすインテリアを設置したりなどスペースをうまく活用する工夫をしましょう。

⑥防音性が低い


タイニーハウスは一般の住宅と比較すると壁や屋根が薄く、作りも一軒家ほどしっかりしていないこと場合もあります。

そのため、雨の音など周囲の音が聞こえたり、自分の声が外に漏れてしまうなんてこともあります。

きちんとその点を考慮して、設置時にメーカーに相談するようにしましょう。

⑦ゴミの処理が面倒なことも


7つ目はゴミの処理が面倒な場合もあるということです。

これはどういうことかと言うと、住宅から出たゴミは、基本的に住民票を登録している定住地に持ち帰って捨てる決まりとなっています。

住民票を取得できていない方は、キャンプ場やRVパークなどに持っていって捨てたりする必要があります。

⑧水回りのパワーが弱い場合がある


タイニーハウスでは一般の住宅と比較すると、キッチンやシャワー、トイレの水の勢いが弱い場合があります。

これは特にキャンピングカーで多くみられる現象で注意が必要です。中にはお湯を出していると途中から水になってしまうこともあるようです。

しかしこれはきちんとお金を出して、施工工事することで修理できる場合が多いので、そこまで心配する必要はないかもしれませんね。

⑨メンテナンス費用がかさむ


最後に紹介するデメリットは「メンテナス費用がかさむ」という点です。

これは6つ目のデメリット「防音性が低い」でも述べましたが、タイニーハウスは一般的な一軒家と比較して作りが劣る場合があります。

そのため、移動時にフレームが歪んだり、壁に亀裂がはいったりすることもあるかもしれません。そこから水回りの配管に問題が起きたりと、修繕や維持のメンテナンス費用が、必要となる場合もあります。

また紫外線が直接当たる場合は、屋根や壁の老朽化が進みやすいので、雨漏りなどの注意が必要です。

定期的に屋根を塗装したり、外壁を修繕したりなどのメンテナンスをおすすめします。

まとめ

今回は4つの種類があるタイニーハウスについて紹介し、実際に利用する際のデメリットについてお話ししました。

タイニーハウスはとてもお得でカスタマイズしやすく自由なライフスタイルを満喫できるなどのメリットがある一方、居住空間に関するデメリットや住民票取得などの手続きが面倒であるというデメリットもあることがわかりました。

もしもみなさんがこれからタイニーハウスを建てようと考えているのであれば、今回紹介した注意すべきデメリットを考慮した上で検討してみてくださいね。

セカンドハウス・別荘カテゴリの最新記事